01
掲示板の反応
音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も
朝日新聞デジタル 2/2(木) 5:04配信

ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、
日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。
徴収額は年間10億~20億円と推計。
教室側は反発しており、文化庁長官による裁定や
JASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。

著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする
「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。
この規定を根拠に、JASRACは、コンサートや演奏会のほか、
カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきた。

音楽教室では、1人または数人の生徒と教師が練習や指導のために楽曲を演奏する。
JASRACは、生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。
作曲家の死後50年が過ぎて著作権が切れたクラシック曲も使われる一方、歌謡曲や
映画音楽などJASRACが管理する楽曲を使っている講座も多いとみて、著作権料を
年間受講料収入の2・5%とする案を検討している。7月に文化庁に使用料規定を提出し、
来年1月から徴収を始めたい考えだ。

音楽教室は大手のヤマハ系列が約3300カ所で生徒数約39万人、
河合楽器製作所は直営約4400カ所で生徒数約10万人。
JASRACの推定では、この大手2グループに他の事業者も加え、
合計約1万1千カ所の教室があるという。そのうちウェブサイトなどで
広く生徒を募集している教室約9千カ所を徴収対象とし、
個人運営の教室は当面除外する方針だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000014-asahi-musi

2017/02/02(木) 06:48:59.14

前スレ
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486031552/

>>1
スレありがとう
練習にもお金とられるなら、まじで鼻歌もやばい

>>1
海外のジャーナリストだったら
こん組織の仕組みを追及する番組放送する

>>1
使う曲は、全曲ヤマハのオリジナルか編曲として登録しておいて、ちゃんと著作権料を配分してもらえばプラマイ0じゃね?

>>61
ヤマハで使っている教材は、すべて作曲者や編曲者に対して
テキスト代を通して著作権者へお金がわたっている。

>>98
ひでえ話だな…
ブラックすぎて、ドン引き…

>>1

こんな天下り恫喝暴力団組織解体しろよ!

調子こき過ぎ!

>>1
音楽教育にまで手を出すとは…カスラックヤバいんか?

>>1
>著作権料を徴収する方針を固めた
ん?いつからJASRACは行政権持ったのww
一組織の勝手な解釈になんで国民が従わなきゃならんの?
ヤマハや河合はぜひ裁判で争ってくれ

そもそも著作権料なんて機器や媒体が発達したからこそ不特定多数に広まって、カネになってきたもの。
ほんの100年前迄は考えもしなかった儲けの手段なんだから利用金額は利益の1/10000で上等だわ

百貨店やショッピングセンターのBGMもカスラックにお金払っているの?
>>5
払ってる

>>92
払ってる
払いたくないとこは無版権曲を流すようになった
結果、街から流行曲が消えて音楽自体が衰退

>>344
JASRAC は悪いよ。クラシックや著作権フリーの音楽しかけません、
とする喫茶店からも、190万円を取った。


そら生徒から金取ってる以上、
権利料は発生する。

>>29
発生しないよ。100歩譲って発表会から金を取るなら議論の余地があるが、
先生と生徒の1対1のレッスンなんて誰に聞かせるわけでもない、
密室の教育なわけだよ。しかも、楽譜から著作権料は作曲者なりに渡っている。

もっと問題なのは、仮に密室の演奏から金をとれるとしても、作曲者には
渡らない。